福岡県町村会

そえだまち 添田町

添田町

添田町は福岡県の東南部に位置し、南部は北部九州の最高峰英彦山や鷹巣山を境に大分県日田市、中津市と接している。西部は釈迦ヶ岳、大日ヶ岳、戸谷ヶ岳などの山系をもって、朝倉郡東峰村および嘉麻市、田川郡川崎町と接している。
東西13km、南北16kmで総面積132.10km²と県下でも屈指の広大な面積であるが、森林率83%でその大半は南部を中心とした山間地帯、中部の山麓地帯によって占められている。北部平坦地は、町の経済、文化、行政、交通等の中心となり人口の70%が集中している。
また年間の平均気温は12〜14度と低く、平均雨量は2,200〜2,600mmと県下最高の降雨量である。しかし、この自然条件が豊かな森林資源を育て、雄大な景観を持つ英彦山地区が県下有数の休養型観光地としての適地を作るとともに、山間地より流下する清流となって周辺市町村の農作物や飲料水を潤す貴重な水資源を生み出している。

  • 銅鳥居(かねのとりい)

    銅鳥居(かねのとりい)

  • 国史跡 英彦山

    国史跡 英彦山

  • 道の駅 歓遊舎ひこさん

    道の駅 歓遊舎ひこさん

人口 9,924人(平成27年国勢調査人口)
面積 132.20km²
URL https://www.town.soeda.fukuoka.jp/
産業 一次産業就業者数 332人
二次産業就業者数 901人
三次産業就業者数 3,010人
名産 ゆずごしょう、こんにゃく、イチジク、アスパラガス、
英彦山がらがら

Access

周辺のイベント

英彦山山開き
英彦山山開き

英彦山山開き

5月下旬の日曜日

夏山シーズンの到来を告げる英彦山山開き。英彦山山頂(上宮)と英彦山中腹にある英彦山神宮奉幣殿(ほうへいでん)で祈願祭が行われ、登山者の安全を祈願する。 当日は祈願祭後に山頂と奉幣殿で記念手ぬぐいの配布を予定。

ふる里まつり
ふる里まつり

ふる里まつり

10月下旬(例年第4土日)

例年2日間で、来場者約4,000人を超えるふる里まつりは、町内の特産品及び伝統工芸品や、姉妹町である北海道美深町の特産品(ジャガイモ、カボチャ、乳製品等)を一堂に会し2日間即売します。また、地元参加者を中心としたステージイベントや、体験型アトラクションなども行い老若男女問わずお楽しみいただけるお祭りとなっております。

周辺のスポット

英彦山神宮奉幣殿
英彦山神宮奉幣殿

英彦山神宮奉幣殿

奉幣殿は英彦山霊仙寺の大講堂として英彦山修験の中心的建造物であった。 現在の建物は元和二年(1616年)小倉藩主の細川忠興によって再建されたものである。 明治四十年(1907年)に国指定重要文化財に指定

財蔵坊(添田町歴史民俗資料館)
財蔵坊(添田町歴史民俗資料館)

財蔵坊(添田町歴史民俗資料館)

財蔵坊は福岡県指定有形民俗文化財「英彦山資料」の一つである。 かつての英彦山修験道の山伏坊舎であり、小形ながらほぼ全景をとどめている貴重な建造物である。 現在は添田町歴史民俗資料館として活用。

銅鳥居(かねのとりい)
銅鳥居(かねのとりい)

銅鳥居(かねのとりい)

寛永十四年(1637年)佐賀藩主鍋島勝茂によって建立された青銅製の鳥居である。 鳥居正面の「英彦山」の扁額は享保十四年(1729年)に霊元法皇によって下賜されたものである。 昭和十四年(1939年)に国指定重要文化財に指定された。

旧亀石坊庭園
旧亀石坊庭園

旧亀石坊庭園

旧亀石坊庭園は英彦山修験道坊家の代表的な庭園で昭和三年(1928年)に国指定名勝に指定された。 広さ699平方メートルの池泉観賞式の庭園であり、雪舟の作庭と伝えられている。

英彦山修験道館
英彦山修験道館

英彦山修験道館

羽黒山(山形県)、熊野大峰山(奈良県)と並び日本三大修験道の霊場として栄えた英彦山の品々を展示。国指定重要文化財「彦山三所権現御正体」、「修験板笈」などの英彦山神宮所有の宝物や、英彦山から出土した「銅製経筒」、「銅製如来立像」などの英彦山にまつわる文化財を多数展示している。

旧数山家住宅
旧数山家住宅

旧数山家住宅

旧数山家住宅は天保13年(1842年)の建築で、寄棟造り茅葺きで床上部と広い土間、厠、倉庫を取り入れた直屋の好例で、この地方の特色をよく現わした建造物であるとして昭和53年(1978年)1月21日文化財保護法により重要文化財に指定された。

周辺の名産・特産品

椎茸と筍の炒り煮

椎茸と筍の炒り煮

乾椎茸・乾たけのこ・油揚げを椎茸・昆布・鰹節のだし汁で甘辛く煮ています。 ご飯のお供にぴったりです。

天狗の涙

天狗の涙

辛さ際立つ液体ゆずこしょうです。 鍋料理はもちろんですが、ピザやパスタなどの洋風料理にもよく合います。

甘辛ゆず味噌

甘辛ゆず味噌

添田産無農薬ゆずと米味噌100%でまろやかに仕上げています。 青唐辛子エキスを入れておりほんのり辛いゆず味噌は、お酒のおつまみとしても◎

青ネギかつお味噌

青ネギかつお味噌

添田産の青ネギ、味噌は無添加のものを使っています。 おにぎりの具材や白いご飯にのせたり、おでんやふろふき大根につけても美味しいです。

英彦山サイダー

英彦山サイダー

地下60Mより汲み上げた地下水「山霊の水」を用いたご当地サイダー。 英彦山の山伏をモチーフにしたラベルとすっきりした味わいが人気の商品。 ノーマルサイダーと柚子味の2種類を販売中。

英彦山がらがら

英彦山がらがら

「英彦山がらがら」は、800年の伝統を誇る福岡県知事指定特産民工芸品です。 素焼きならではの乾いた音色が特徴の土鈴で、田畑に埋めて「水守り」として、家の玄関に魔除けとして置くなど、人々の生活を守る存在として親しまれています。

柚こしょう

柚こしょう

青柚子と青こしょうを原料とした高級香辛料です。麺類、汁もの、刺身などに少量の柚こしょうを入れてお召し上がりください。一層の風味と美味しさが味わえます。

彦山ようかん

彦山ようかん

昔ながらの手作りのようかんで独特の風味は、多くの人に親しまれています。中でもバナナようかんは、バナナの風味が牛乳にも合うと人気で、お土産品としても喜ばれています。

こだわり英彦山こんにゃく

こだわり英彦山こんにゃく

英彦山から湧き出る水を使用して作ったこんにゃくです。弾力があり、味の染み込みも良いため、刺身、煮物と美味しくいただけます。